愛してるとアイラブユー
何十年に一度だけ
一生に一人だけ

その重さの『愛してる』が好きだった

昭和のアメリカドラマみたいに
毎朝言ってる『アイラブユー』
その和訳が『愛してる』だったことを知って
日本の英文学者はクズだと思った

あれからどれほどたったんだろう

愛してると
アイラブユーが
同じ重さになったこの世界で
私の愛はどこにいった


愛してるの誤用が
私を苦しめていく

今じゃ情事の枕詞に成り下がった
朝方のベッドサイドに転がった
ゴミ箱に入れなかったティッシュみたいに
汚らわしい


もう一生愛してるなんて汚らわしい言葉
自分の口で言うことはない
史裕
2020年02月13日(木) 08時58分41秒 公開
■この作品の著作権は史裕さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
愛の英訳はLOVEじゃなくてAffectionだけでいい

この作品の感想をお寄せください。
No.1  詩歌敗北者  評価:50点  ■2020-02-21 15:49  ID:gBjhm/nSDJ.
PASS 編集 削除
気持ちはわかります。言葉の軽さに悩まされることがあります。
その度に新しい言葉を使ったりしてやり過ごしています。この悩みは尽きることがないかもしれないですね

ではではー
総レス数 1  合計 50

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除