知り合いテンプテーション
ここは人口7千人程度の小さな島
出かければ必ず一人くらい知り合いに会う
そんなところ

つい数か月前までたまたま会ったら挨拶して
少しだけ話す間柄だった人が

今日は全くの無反応だった

名前も知らない家も知らないその人

きっと知り合いテンプテーションの効果が
切れたのだろう
虎竜
2022年04月19日(火) 14時36分35秒 公開
■この作品の著作権は虎竜さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
No.3  ナカトノ マイ  評価:40点  ■2022-05-08 14:32  ID:y.W.qTLzo2E
PASS 編集 削除
この詩を読んだ後に陽炎さんのメッセージを見てとてもゾクッとしました。経験者にしか分からない肉迫感というか、そういったところ含めてすごく面白いなぁと思いました。
No.2  陽炎  評価:30点  ■2022-05-08 08:39  ID:9pxemaegKFc
PASS 編集 削除
東京にいると、隣人さえ挨拶もしませんが
虎竜さんは島暮らしでしたよね
田舎ってみんな知り合いみたいなところあると思うけど
なにかの拍子にパタッと手のひらを返したように
冷たくそっけなくなるところが
都会よりも怖いと感じます
No.1  霜月 八重  評価:50点  ■2022-05-05 11:29  ID:xYUBMKcZovs
PASS 編集 削除
知り合いテンプテーションの効果、好きな表現だなと。
ちゃんと読めてるかは分かりませんが、あー、なんか、分かるなぁ。あるよね。と読ませて頂きました。
読ませて頂きありがとうございます。
総レス数 3  合計 120

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除