記憶の舟
舟で運ばれてきた金木犀は
全て私の奥底に眠っている。
蓄積した記憶の分だけ私は遠くなって
その瞬間に意味を問うこと
可愛いとさえ思う。
大人になったとは言わないけれど
少しだけ、生きてきた時間を肯定してほしい。
甘やかな星が、頭上から落ちてくる。
今日の記憶も、また。
ナカトノ マイ
2020年10月20日(火) 11時09分36秒 公開
■この作品の著作権はナカトノ マイさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
毎年この時期は金木犀の話しかしていない気がします……

この作品の感想をお寄せください。
No.2  ナカトノ マイ  評価:0点  ■2020-11-03 15:21  ID:cfFPjK5IY3g
PASS 編集 削除
えんがわさんへ
少し未練がましいというか、女々しいかもしれませんが、例え内容がどうであれ、過去のことをアレコレ考える時間は、私には重要なもののように思います。花は専ら、そのための口実です。花を見ると、昨年の同じ季節に同じ花を見た頃を思い出します。
No.1  えんがわ  評価:40点  ■2020-10-25 09:12  ID:OvRhp1ZJggo
PASS 編集 削除
そうだよなぁ。
失敗も後悔も含めて、思い出は花のように香り立つのかなぁ。

いつの間にか忘れてたなぁ。きんもくせい。探してみよっかな。
総レス数 2  合計 40

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除