ball
「オールライト!」
振りかぶった腕から球がわずかな曲線を描いた。
振るには遅すぎたバットは僕の貞操に似ている。
「バック!レフト!」
雨で崩れた自我像がナルシズムと区別がつかない脅しが、ただ腕を振らせる。
鳴らせ、鳴らせ、鳴らせ、
気が狂うくらいの声援に、猫が死んだ。
あなた方の協奏曲がほとんどポルノだって、君らが無邪気に遊んでる時、大人は思ってた。
寂しいからヴァレリーが27年ぶりに詩を書いたことが、真実なら、僕の言い訳も聞いてほしい。
夏がずっと物語を作ってる。飽きたよ。
走ってる少年少女見るのは。
僕らが見たいのは追憶と離別。
できないから、ここに僕らはいる。
言い訳の。
また空振り。ずっと振ってりゃ当たると思ってた。
ある物理学者が21歳の時に書いた本が一ページも読めない僕の言い分に、少年誌のラブコメ漫画が積み重なったテーブルがある。
見ててよ。今から、ホームラン打つから。
へいへい、オールライト!バックレフト!
上々だね、送球はご機嫌取りではない。
馬鹿みたいに降った雨が半泣きの僕を誤魔化してる。ただし、君以外は。
高めの送球はわずかに放物線を描き、唐突に降下していく。
壁にぶつけたんだろう、人っていう。
言葉になんないくらい、のそのつらみとか絶望がただバウンドして跳ね返ってくる失望を、何回経験したんだい。
へい、ピッチャー、次のサインはボールだ。

ただし、君は無視する。
君は真っ直ぐ投げる。それが満塁ホームランで逆転負けしても、君は真っ直ぐ投げる。
それが僕らの意地だからだ。
雨は上がらない。

オールライト!バックレフト!
上々だね。
詩歌敗北者
2019年07月29日(月) 05時51分15秒 公開
■この作品の著作権は詩歌敗北者さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
No.1  僅夜  評価:40点  ■2019-08-13 23:40  ID:P6RVzPWnNEY
PASS 編集 削除
初めは廃墟っぽいと思った、よくよく読めば青臭いとも思う。
いつまでだって鐘は鳴らすべきでしょう、夢はかなう。
ただ、それ以上はわからない。
過去未来への言い訳なのだとしたら、一度手痛いデッドボールを受ければいい。
総レス数 1  合計 40

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除