旋律
初めから怠慢で、終わっていたもので、それを風船のように膨らますので、結末は知っています。
春のサーカスは滅んで、あるいは移ろいで夏とも言えない微妙な愛想笑いを祖父がした。十秒前に思い浮かんだ言葉を並べて、知ってる言葉とうそのことばに分けて、知ってる言葉をゴミ箱にクリックした
(ただし、ゴミ箱は仮想上に実在する)
あなたらしくないわと世界から自分の生き方から、囁かれ馴致された馬のように盲目に草を食べる
約束されたのは僕のいない間のことで、不在は心を痛める
もういいよ…うんざりだよ…才能なんて無いよ…旋律だけが聞こえてきて、ずれた慰めだけが無意味な人生に極端な鼓舞を与える。
誰もが賢いと思ってる。僕も君も。なんだか、知らないことばかりじゃない。本当は…。
真言を言おうとして逡巡して、人になる。全部わかってたことだから。
この恐怖も痛みも侮蔑も呪いも、いい言葉を生み出そうって神秘主義者みたい。
柔和な感覚だけが、妙に残り、凝り固まった詩を、僕の詩を、やさぐれた僕に詩を、
ずるいと考えながら、一つの唄にする。
もう二度と作れないって、ごめんなさいって、これっきりなんだって、独白する。
心根は死んでる。書いてるのは死んだ惰性。
情熱とかもうそういうの、安売りしたから、僕にはたちよってもくれない
数あるうちのひとつの生で、ここまで、贅沢で傲慢になれたなら、僕はきぅと背徳者。
でも、ね、耳に残るのはずっと   あの旋律。
詩歌敗北者
2019年05月13日(月) 14時25分56秒 公開
■この作品の著作権は詩歌敗北者さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
感想記事の投稿は現在ありません。

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除