春の絵画
ねえ、絵はラジウムが崩壊した含有量でどの年代に描かれたわかるんだよ
でも、電子媒体になった電子文字は炭素の崩壊も無いから無時間に生きてるのかな
ううん、ビット数は確かに時間を刻んでるよ
時間から逃れる術ってないのかな
飛べるようになるための練習をしたいんだ
ワクチンを打った右腕の痕跡は、確かに国民だって僕らに伝えているれけど、僕は選挙にいったことはない
詩を書くことを嘲笑されるからきっと何をやっても嘲笑されるよ
僕らは信念が世俗を超越して、無意味な世界を有意味にすることを忘れている
この辛さが何もしてこなかったツケだというなら、この世界は必然にできているだね
神秘を危ないものだと忌避するなら、どうして僕らはこんなにも希望を求めているんだろう
内側の機械的な現実が、作り出すのは敗者の歴史と怠惰の懺悔。
外側に、広がるのは成功者の有閑。
知ってる?ほとんどの人は敗北者だってこと。
理解をいらないなんて瞬時的な青春の狂騒だよ
僕らが欲しいのは複雑なことじゃないよ。自明な告白だよ、きみからの。
恋の発明は、遺伝子の知恵。
出会った瞬間に、雷鳴の直撃、咆哮の山茶花。
無意味だった世界が反転して、有意義な世界に勃興する。
七色で笑って、黒色で泣いて、光で救済を求める。
そうした中で春がやってくる。
誰も覚えていない雀の鳴き声がたちどころに神聖を持って、桜の恋を連れてくる。
季節にこんなに頼って、四季が感じられないといっていた過去の自分が嘘のよう。
感じるんだ、世界の見えないものの微かな存在を。それって、写像の陰にいて、鏡でも映らないものだから。
偶然が僕らを不条理させるけど、必然は僕らを苦しめるし喜ばせもする
どちらの解釈を選ぶかなんてきみの自由だけど、僕はただひたすらに泣くことしかできないな
絵画は時間からまのがれない。僕の電子文字も、炭素の鉛筆も、空も飛べない。
ただ、君が告白してくれることが世界の在りようを変えてくれる。
春は連れてくる、蔑ろにされた感情の季節。
詩歌敗北者@旧逃げ腰
2019年04月06日(土) 06時46分06秒 公開
■この作品の著作権は詩歌敗北者@旧逃げ腰さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
名前変えようかな。

この作品の感想をお寄せください。
No.2  僅夜  評価:50点  ■2019-04-19 00:59  ID:FAzJlBfi/oE
PASS 編集 削除
重要なのは蓄積することだと思うんですよ
言葉が通じたって心は通じませんし、言葉が理解できたって真意を読み取れません
いつ残したかじゃなくて残したことが重要なんです
僕らの放つ言葉だって勝手に解釈されますよ
それが50年後200年後、翼を持って飛んだら、僕らは笑ってやりましょうや
No.1  時雨ノ宮 蜉蝣丸  評価:30点  ■2019-04-08 19:17  ID:q1/xhayXSvY
PASS 編集 削除
どうもこんばんは。

横恋慕が叶わなかったのかな、とか
いくらか前のことなんだろうな、とか
春になるたびそれを思い出すんだろうな、とか考えてました。
浮かれている周囲が瘡蓋を抉っていくような。

桜が満開なのに、朝夕はまだ寒かったりします。
ありがとうございました。
総レス数 2  合計 80

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除