泣き桜
「雨に打たれた悲しき恋は
どこぞの川へ還るか。」と
誰も知らない不滅の問いに
桜は泣くよ、はらはらと

月水光の向こうに霞む
一寸先の常世国
乗れぬ筏を水面に浮かべ
敷き詰めたなら、ゆらゆらり

逢魔時に表情見えぬ
君と僕だけ、2人きり
微笑むような風に攫われ
淡い残り香、春闇に去ぬ

次第に君が闇に隠れる

隠れてしまう、その前に


渡れ

渡れ

瀬を渡れ

君の所へ

背を向けて

夜が

夜が

君の手を引き

連れ去る前に

届く間に

いつか

いつか

今この時を

思い返して

笑い出して

雨に

風に

僕の代わりに

佇み仰ぐ

泣き桜

「雨に打たれた悲しき恋は
どこぞの川へ還るか。」と
僕しか知らない不滅の問いに
桜は泣くよ、はらはらと
ナカトノ マイ
2018年04月15日(日) 12時31分20秒 公開
■この作品の著作権はナカトノ マイさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
艶やかで神秘的な夜桜をイメージしました。
前半と後半で緩急を感じられるように意識しましたが、いかがだったでしょうか。

この作品の感想をお寄せください。
No.4  ナカトノ マイ  評価:--点  ■2018-04-22 20:47  ID:fLt.6PjGqOo
PASS 編集 削除
春さんさんへ
ご指摘を受けてから改めて読み返すと、確かに口語体と文語体が混ざっているせいで中途半端だと感じました。緩急に関しても、改行を入れることで長々とした印象になってしまうのかなと思いました。別のアプローチの仕方を追求していきたいと思います。
細かくアドバイスをいただけて嬉しいです。ありがとうございました。

野良人さんへ
私にとって恋愛は特に、直接口にすることがタブーであるような、少しきまりの悪いようなものに感じます。だからかえって詩として書くのかもしれません。
俳句や短歌は、決められた字数の中で気持ちや映像がぎゅっと凝縮されているのがいいですよね。どこかで挑戦したいです。
素敵なメッセージをありがとうございました。

小夜さんへ
改めて読み返してみると、私も的確に言い表せないのですが、改行が多いためになんだか変な感じがしますね。改行の使い方には以後気をつけます。
雰囲気が好きだと言っていただけてとても嬉しいです。自分の世界観を大切にしたいと思います。ありがとうございました。
No.3  小夜  評価:20点  ■2018-04-22 17:58  ID:WR/tFdbl8Lo
PASS 編集 削除
こんにちは。

私も改行が多い印象をうけたものの…。
でも、それはそれで面白いような気も…。
うーん。
うまく言い表せないw
とにもかくにも、個人的には作中に漂う雰囲気けっこう好きです☆
ごちそうさまでした☆

No.2  野良人  評価:50点  ■2018-04-21 12:48  ID:te6yfYFg2XA
PASS 編集 削除
詩とは心の思いを皿けるもの…ハズイから歌に被けたのでしょう
俳句や短歌も同じですその意味でもいいですね
No.1  春さん  評価:40点  ■2018-04-20 23:21  ID:IaJIiwK2bLw
PASS 編集 削除
私自身も昔無理して文語体を織り交ぜて書いたことがあるので気持ちはよくわかるのですが、口語体に統一したほうが絶対にいいと思います。
口語体でも無限に言葉の格闘ができますよ〜。
中盤の転調ですが、改行が多い印象をうけます。改行に依って緩急をつけることは得策ではないと思います。調子を転じる要素もこれまた無数にあるように思います。
ネガティブなことばかり書いてしまってすみません。でも緩急ってのは詩の肝ですので、これを若いうちから意識できる人は素晴らしいと思います。
総レス数 4  合計 110

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除