筆談の息
拝啓、)
ある生活空間に人と人が繋がっている中で、
異質に感じる自分に、
失望を抱くか、充足を得るか、は倦怠と懊悩の末にある答えです、か、
            強くなるって、感性が鈍くなっていくだけ

(私は私で私にとって扁平で重大で枢要な問題なのです)

(樹から発つ鷹は一寸も疑わない、ただそのように)

痛みをひきずりつつげる「私」におまじないをかける、
必要最低限のマナーとなんでもない常識があったら、強く生きていけるって。
ひた隠しにしてきた我が、文章によって晒されるって、通常に形取られた(人)を諦めたりするの、、で、

    (私)(文章)ってとっっても不貞
   やっ段落淫乱、好色、欲情
    そして奇々    。

人が歩まぬ不道徳に筆の載せるので、、言葉の発明をするのです。
しかし、あの感慨を言い表せないです。
知ってる言葉とこれから出会う言葉をくっ付けて、試しちゃいるのだれけど、言葉尻から崩れ落ちていく感覚が筆談の息を止めます(私たちはもう知っていてよい、、、錯誤と齟齬に言葉があって、想いが掬い上げられないことを、、)

それでも、読書家の清貧に教えを説く 大うそつき!
神秘家へ、
露出者へ、
偏狂者へ、
殉教者へ、
へ、 (あるいは、自らに語るものよ、
あなた方がいっぱい集めた「豊かさ」がこの先の途に、思わしいことはなく、好事家の標本になりました!
制度下に組み込まれたのです!
敗残者の歌が、です!
いまどこにいるの、、、淫文、。家、〆

  ――自分の詩がなんでもないものになっていくことが耐えられない
 ―― じゃあ、もう何も描かないことだね
   ――詩を書かないなんて考えられない
    ――文が眠るってことを恐れないことだね

知ってる、沈黙が詩人の唄だってこと。
諦めたの?
埋没した本のように。
書架に並んだ本を一冊取って、活字と仲良くなるまでに、私は二十歳までかかりしました
書物の諧謔と怠惰の区別をつけるまでにそれだけかかりました
息遣いと呼吸を、行間から感じつつ、零れ落ちた感情を、もったいない、もったいないって、拾い集めました
涙がこぼれる、つまり無形の文章は滴る
        受けとめたよ、あなたの情動

わたしはあなたへ、
、せめて、
往復書簡として、
誰にとってもなんでもない羅列であるように、
  私にとってもなんでもないものになるように、
                   (告白、)
逃げ腰
2018年04月13日(金) 23時42分30秒 公開
■この作品の著作権は逃げ腰さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
感想記事の投稿は現在ありません。

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除