( ..)φ自画像φ(.. )
3  3    3  3
3      P    3
 3   s ・。    3
  3    ・。 v    3   
     3  r  ・。  。。3
     3  3   3 3
    3                           3
○━3
                               3  3  3
|д゜)ここ禁煙なのに!?                   3         3      
 煙草を吸いつつ、その煙が血と汗を包む生活3のなかで |д)━3  
ダメ押しの事実 横からの副流煙だと発覚 浮かべていることが3あったのです、ゴホ、ゴッホホゴフやめて……333 ゴホッ ( ..)φ邪魔しないで!
今書3いているの!ゴフッ……もう!宅急便屋さんお願いします!!
( `―´)ノ→ひゅーん  3!!        ゴホッホッ             3

 ↑の広がりを邪魔する、「━33333333=煙」
((;´・ω・)。。。「説明するね!」)について、ゴホッ、喉痛いので簡略 
           ↓
   ↓煙の比喩ですわよ§^。^§                                 (‘ω’)えーとね
 陽、月→世界  ・                                           たとえば……○(これ、月)
 明、暗→視界(   )                                              ↓
 朝、夜→ちぇかい(  ・  )                                     「」人、言葉→●
 ちぇかいは統合結果でちゅよ(‘ω’)                                (-ω-)/ わかった? じゃーね〜

              『朝、夜』で眼と外を配合! 
そんでうまれたコトバのモンスター→3行後に登場します

           デッ        デッ
デデーン デッデッデ 〜゜・_・゜〜 デッデッデ                
  
                                     
 分かりにくい?(/・ω・)/肉くれ〜                
 \○/ 
 コーラ一缶と足があるなら……                  
3333人{} / ナイスキックー!
 存在する缶は蹴れる→{}存在しない比喩も蹴れる→『』蹴って融合する『{}』
 缶蹴りが缶蹴りであるということ{}={}……(‘;’)               3 ひゅーん
 ここ、という磁場(‘ω’)は『』のほうで( ..)φするということ               3
『{}』、自体すらも( ..)φ『』で                            {} 缶が飛んできたぞ!?
 {そんなことより、}→                               \○/ あっ ゴロッ……
 と身体が、いや、身体に毒された頭が問うてくる                    33人       →○ 生首!?
 明日のこと?        
                                          ひゅーん
    ‘ω’瞬間移動しま〜す!またどこかで!                     ○

                                           ○  あっ! 地面!









 スケジュール真っ白                               ○ 月でした












                            
 !(^^)! わーい! ひろーい















 あるいは、真っ黒
 
121314543671211213145121314543674568695784343674568695784331454367456869112131454367456131454367478431745613145436745686957843131454368121314543674568695784369578432131454367451314543656869578431314543681213145436745686957843695784321314543674513145436745686957843131454366869131454367456869578431314543657843121314543674568695713145436745
6869571314543674568695784313145436843178431745613145436745686957843131454368121314543674568695784369578478431745613145436745686957843131454368121314543674
56869578436957843213145436745131454363(‘Д’)2131454378431745613145436745686957843131454368121314543674568695784369578432131454367451314543667451314543631451314543674568695784317456131454367456869578431314543681213145436745686957843695784321314543674513145436745683145436368435712121378431745613145436745686957843131454368121314543674
56869578436957843213145436745131454361454367456131454367456869578431314543686957843131454367456869578438434121314543674568695784351314543674568695784313145436686957843121312131454361314543674568695784313145436745686957843145436745686957843745613145436745686957843131454368121314543674568695784369578432131454367451314543674568。

 黒く適当に埋めても、乱数は作れなくて、そのパターンのなかの偏りにこそ、いるような……その数列が生きる一つ一つの行動の裏で働いているような……( ● ● )…… ・ ・ ・ ・←蟻かよ!?
                                                   (;´・ω・)家建てたい……
 たとえばね……( *´艸`)

例 行動「見る」                            ちゃらちゃーん ちゃちゃーん(・´з`・) (´_ゝ`)うるさい…

 見る   ( ● )        (*’ω’*)これ数列ね→33だ

     ↑ 昨日  (^○^)イエスタデイ!

( ● )( ● )                                      !(^^)! わーい右半分ひろーい!

    ↓今日     (^○^)トゥデイ!
    ↓明後日   ( 一一) ……
                         (; ・`д・´)33だ

四白眼で見つめる先、明後日                               ( *´艸`)なんかしちゃおうかなー

    ↓ 昨日   (^○^)イエスタデイ!

( ● )( ● )
                          (´_ゝ`)散々だ

昨日が振り向く                                               (*´з`) タバコ吸おう

 (‘ω’)ノ                  (‘Д’)……まさかダジャレとは
                                       てか煙やめて!  3   3          3
うん                                                       3
                                                   プハー      3
不意に、                                         (^。^)y-.。o○

    ↑
                           ん?
( ● )( ● )  ;つД`))え?              (;´・ω・)なんか嫌な予感……

           」 →   ↓
(^○^)散々だ!!
 サンと3だけに……        ❙          
               ━ ○ ━                           (‘_’) ……あつい
                 ❙

{ }           (      )     {      )
      
  (^○^)アイムメルト!!!              3333333
                          3          天に召されたよ
{   }     {     }  3333333333333                 (‘ω’)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ( ゜Д゜)蟻畑!?
                                              きれいなそらだ……
上を向いたら、青空が埋め尽くされる蟻の上にあった                         _(_^_)_
 浮かぶひこうき雲を視線でなぞって、それから……                  ww ww ww w
                                           草生やすなよ!
                            ( `―´)ノ寝るなよ!
                  (/ω\)いやん袋とじ〜ん↓

{ 「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」 }→・

 一日が200字詰め原稿用紙の一字にも値しないことに気がついた ガーンΣ(゜Д゜)

 (; ・`д・´) 値しないけれど、しないということで「」で括っているのも、また事実
 そしてそれはやはり、ここでは相変わらず、『そういうふう』に理解される……たぶん

                          ‘’`ィ (゜д゜)/ 質問があります!    ん?(´_ゝ`)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━言葉とは客観の集合から己の意識一般を制する流れを媒介し、よって主観の感性的認識といった枠組みを獲得するための触発体であることを念頭に置いた上での話であるが、殊文学においては主観形式的処理の傾向性が顕著に窺える。然し、又文学といった媒体を現実場面での実際的対話とは分節して、唯一次元の地平の前提で考えるならば、生活世界における公衆即客観なる形式以上に公的表現、ある種の表現規制的な呪縛であると考えることも又可能なのではないか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(;´・ω・)とりまもちつけ
 原始的すぎてなにを言ってるかわからんわからん
 ……うむぅ、これって「むかちのいいかたいいでちょー」以上の意味あるの?                    (; ・`д・´)下画面
                                                       しばらく空白です

(*’ω’*)てへぺろ、ありまちぇんでちた

(´_ゝ`)ほむほむ、お主はこの眼前の脱糞的景色を変えたいっていうのか?
 よぉうしぃい〜ほんみゃくごんみゃく〜

(‘ω’)コトバ→‘ω’あたち
 文学にゃらば……‘ω’あたちのあたち性がちゅよかったフリーダムいぇい
 でもも、実際のコトバ活動=おちゃべり、との対比で考えるんじゃなくて
 文学のルールだけで考えるにゃらば、とっても拘束的にゃの……(‘ω’)

 質問への答えは、『そういうふう』でござんす§^。^§

( )

 あれ? §^。^§上の( )中身がないざんすね……

(‘ω’)瞬間移動!!成功だお……

Σ§^。^§!?

 ……(‘ω’)成功したけど、うぅ昨日に戻りたいよぉ……

 ねぇ? そうじゃない?
 ちょこのひと! 
 かおもじ、あれ? 変換できないでちゅ……
                                 
 昨日は答えまちぇん     (^○^)イエスタデイ!               
 ただ、
 
(゜д゜)(。_。) ←変換できたでちゅ↑                  
                         
 というだけの、そんな存在でちゅ    キラン!(; ・`д・´)存在と時間!

 軽い挨拶程度こなす昨日ちょ(゜д゜)(。_。)                ?
                               ?
 あらかじめ失われた明日があっちぇ(‘ω’)ノ           ?
 ちゃちょえるなら                   3
 洋麺屋で出てくる挽肉トマト麺  {都魔都〜ン}    3
 ニッポンソバ屋のニッポンソバ   {SOBA〜N}   3      { }
 どっちに『らちちゃ』           ↑(?)       3
 どっちが『ほんみょの』              (??)    3
 比喩分かりづらいわ!!     ↑   PAN!!!!Σ(◎_◎;)

 Qどっち?          (^○^)ウィッチ!!

 A・1、2、3、4から一つ選択  (( ゜Д゜)センター試験!?            

 1・( 一一)                     
 2・( 一一)            ほんとだ〜                                  ひろい〜
 3・( 一一)            (;´∀`)                           ヾ(@⌒―⌒@)ノ
 4・( 一一)

 ぜんぶ同じなら、選択肢はないも同然……フォークも箸も持てないから、手掴みで食うだけとです         (/ω\)や・ば・ん……

 ( `―´)ノ 艸も||も俺にねぇのかよ!      ( 一一) ( 一一)
                     ( 一一)( `―´)ノ( 一一)
 周りは引くだろうし、店側も困るだろうしね   ( 一一)( 一一)  ( 一一)



 野蛮なスタイルに素敵! はないだろうからね  (´_ゝ`)

            ……あら素敵(*’ω’*)ポッ  えっ( `―´)ノ

 ($・・)650になります                  結婚するか?

 それだけだからなぁー                    はい!(*’ω’*)
 何を出されても、食ってる感じがしないんだよね
                              ( 一一) ( 一一)
 (‘ω’)ムシャムシャ ペッ!なにが結婚だ!         パチパチパチ( 一一)








   
                              (; ・`д・´)よし、ここに家を建てよう







                                                                    」


 ずっとカラッポの胃   (・´з`・)にく〜食わせろ〜
 胃を埋めるために、文字を腹にねじ込もう……    (‘Д’)も、もじを……?      

「あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお(;´・ω・)あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお」

 あいうえお、単純すぎる言葉でも、それがなんらかの意味を示iている訳で
 じゃあ、その意味はなに?                

 ……    ( ゜Д゜)                   s

 (‘ω’)ノ「じゃあ、俺説明しまuわ」      s   s   s
                           s  s   s
 でも満たaれていまu             s    磁石パワ〜
「」のなかでは事実とiて満たaれていまu       (/・ω・)/
 この『磁場』で満たaれているということは、「      


   



                         (; ・`д・´)よし!広くなった今度こそ……





                                      」が、
「あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお(;´・ω・)あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお」
 に変化したということは、『そういうこと』を示しています
                        絶       あれ?絶が逃げた?
( ..)φメモメモ               ぽーい      (‘ω’)ノ
                      /
 例 「ぼくはそのとき孤独を知った。(-ω-)/望を知った。愛の断絶を知った。」
    ↓                         ここは死守しました!
 それは事実、小説で『そういうこと』が主人公の内側に起こったということを(‘◇’)ゞ文字で示していまず
     z
 (-_-)zzz       むにゃむにゃ……

(´_ゝ`)『そういうこと』が別の意味を本来孕んでいるならば……
                                  偽が飛んだ!
 (-_-)zzz   むにゃ?             ぽーい!     (; ・`д・´)
                      偽
 けれども、ほんとうは、少なくとも『ぼくら』のなかでの『ほんとう』は、感情にはおうおうにして偽悪が混じっていますし、(/・ω・)/善も混じっていますよね?

 ( ;´Д`)?   えーと?

 でも、それらを文字でク(; ・`д・´)リアにして、いやクリアにすることでしか、こういった『媒体』(; ・`д・´)では表すことができない(;´・ω・)ノイズにしても、ど(; ・`д・´)れだけ複雑に文字数を増やして書いたとし(; ・`д・´)ても、文章に固定されるときに、クリアだと扱われてしまう(; ・`д・´)いや、そういう(; ・`д・´)ことになってしまう(; ・`д・´)文字は                   忍法!影分身の術!!

……(;´・ω・)?

『ぼくら』がやってることは、
「あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお(; ・`д・´){建てるぞぉぉぉぉー!!!}あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお」
                     Σ(゜Д゜)あ、い、う、え、お!
な訳で、(´_ゝ`)でもそれ以上のなにかを少なくとも今は考えることはできない……
            (/ω\)いやん、せまい
 言葉と人間は離婚できないのです!!(‘ω’)!!!!!
           しーん      タタタッターンタタタタッーン
 キラーン(‘ω’)言ってやったぜ!   | |
                 (;´∀`)
( `―´)ノ(*’ω’*)  汝は病めるときも……健やかなるときも……

 まるで、この二人が離れられないようにね( *´艸`)

(‘ω’)ムシャクシャ ペッ!なにが結婚だ!

 うーん            (; ・`д・´)こ!          
                         

                         

( 一一)……                  
              (;´・ω・)家建てられんかった……


(´_ゝ`)……絵日記やりすぎましたね
 ちょっと……反省しましょうか

(*’ω’*)後続のお話は、消化できそうもない内省であるし、まったく脳に行き届かなかった、剥き出しの・・・←の死体なのかもしれません・・・・・・・あっ蟻が増えた
                         ・?・ ?←キャンディかよ!
 ・・・ ちーん    (; ・`д・´)こ!                   ・・・・

(・)(・)( )( )( )(・)
( ・ ) ←なんかエロい……   (^○^)エロティック!!
    
 ゴホッ(´_ゝ`)、このなか、この入れもののなかで生きている蟻たちについて考えてみましょう……ゴホッ……肺がやばば

 ……そのために、「ぼく」→( ..)φをこの小説に登場させますね

            (/ω\)見ちゃいやん! (‘ω’)ほんとは見てほしい……
 文学の『告白』のお約束ですよ〜伝統的〜いでよ!『自己劇化』!!!(・´з`・)


では、はいどうぞ(‘ω’)ノ
               (。-`ω-)家建てる?

「ぼく」( ..)φ{……あっ、じゃあ話すよ、うっふん。ごめんね、いきなり。うふ。うんとね、……まあ。全体的にね。小学生の絵日記ですわ、……というか、脆弱な表現の塊かしらん……ていうか。ってオネエじゃねぇから。ケータイ小説的想像力、点の思考のキメラ……。だけど、単なる落書き。あくまでハッタリで、顔文字や文字を文字としてじゃなくて、絵的な記号として用いることによってさ、雰囲気を出そうとしているだけ? の、全く中身のない方法論に過ぎない気がするよ。てか、わざわざ方法論って言葉を使うのがもったいないわね。}


(*’ω’*) わたしの顔は可愛いでしょ?


「ぼく」( ..)φ{……あんたの顔は文字なんだよブス……まあいいけど。ところで。ってこの接続詞すごいね、まあそれはいいけど。ほんとはね。ぼくはね、こんなハッキリとした、ハッタリとした形じゃなくて、全く隠蔽されたような形という前提の上であれば、の話だけど、世界中の小説のなかで、同じルールで読めるものがあれば、と思うよ。あっ、いきなりでごめん。えーとね、たとえば普通に読めば、普通の小説だけど、『新しいお約束』で読めば、絵的な、それ以上のなにかが見えてくるのかもしれない的な。だけど、再三言うように、それは隠された形でなければならないんだよ。あるいはねぇ、『新しいお約束』というものが意識されて『いない』ものでなくてはならないね。}


(‘Д’)なんで!『ならなければ』なんだよ!


「ぼく」( ..)φ{『ならない』、というのは、もちろんあくまで『気分』の増強のレトリックだけど……。つまりね、初期の前衛的な夢枕獏じゃなくて、ケータイ小説でもなくて、意味が分かると怖い話の縦読みなどでもなくて……。だけど、『ではない』と対象にしている時点で、少なくともぼくはそういった小説に関して、『理想』の小説の萌芽を感じているということなのだろうなぁー。おれ何様! ナツメソウセキやダザイオサムが夏目漱石や太宰治だと感じれない訳、ぼくが純文学をちゃんと読むことのできない訳はそこにあるのかもしれない。ってマジでなにさま! まあ、どうでもいいけどね、ぼくのことなんか。ってアピってるよ!?}


(・´з`・)おっぱ〜いがいっぱ〜いだ〜


「ぼく」( ..)φ{……そういう点思考的ギャグとか、いい加減、引くぞ……マヂで。話の腰を折るなよな。えーと……なんだっけ? あっ、そうだ。先述の夢枕獏、ケータイ小説、意味が分かると怖い話……。こういうのは、あくまでエンタメの想像力だよね。けれども、ぼくが知っている純文学よりも、テキストのなかで自由度が高いように思えるのはなぜなのだろう?}


(‘Д’)あんたいまだに自由が文学の本質って思ってんの!?
 

「ぼく」( ..)φ{うるさいうるさいうるさーい! いいでしょ、別に。ぼくは昔ながらの文人体質なの! って文学なんてダザイのトカトントンをどっかで読んだだけだけど……。まあ、それは置いといて! ……ぼくが思ったのは、文学はあんまり自由じゃないってことで。だから、そう『だから』だ、これは乱暴な接続詞の使い方なのだろうけれど、いや、ある意味で接続詞は全般的に乱暴なのだけど、『だから』、純文学とは、拘束の小説ジャンル? と乱暴にも、まったく凌辱的なレイプよりも凶暴にも、ぼくは思ってしまうんだ。}


(;´∀`)なんでそんなに予防線張ってんの?


「ぼく」( ..)φ{雰囲気で察せ}


(^○^)フリーダム!!


「ぼく」( ..)φ{……だから、自由じゃないんだって。それともぼくがたまたまそういった文学と出会っていなかっただけっていうのか? けれども、ラノベの『○の妹は漢字が読める』と芥川賞の『○花』(花火?)を比べて、どっちに自由を感じるか? と問われたらぼくは何の迷いもなく、『○の妹は漢字が読める』と答えるだろうよ。どうでもいいけど。って天丼。ん、うまい……モグモグお茶くれ。}


(; ・`д・´)いやいや、だって『○花』は純粋にエンタメだよ、ほら、昔十代が芥川賞とったことあったろ? 先例あるし、アレ売れたし。商売では、プロモーションが大事なんだけど、既に有名な芸人にはそういうのいらんし話題にもなる、それに『ぼくら』が生活しているなかで、売れる売れないの商売の文脈は、小説よりも一段とレベルの高い前提にあるのだから……それを忘れちゃ馬鹿だろ、それにあれだって凡人には書けないだろ?


「ぼく」( ..)φ{まあ、そうだな。少なくとも『ピー!』で『ピー!』みたいなセンスの片鱗もない『ピー!』で『ピー!』まったくもって『ピー!』、いや、俺の読解力がないんだとは思うけれど……ごめんなさい、でもただ人の『ピー!』だけが好きで『ピー!』だけで『ピー!』もせず『ピー!』を量産する……のは別にいいけれどそりゃ『ピー!』する、『ピー!』しないは人それぞれ事情があるからぼくがとやかく言うことじゃない、ごめんなさい土下座します、それはいいとして、自分が『ピー!』なくせして、その『ピー!』なことを認めようともせず、まあこれは俺もです、すみません、でもですよ? どうでもいいようなまったくしょうもない『ピー!』ばかり吐きやがって! ってまったくもって俺じゃねぇか! 『ピー!』を大量に量産しまくるだけの、って俺もだよ!? 『ピー!』『ピー!』『ピー!』島宇宙での『ピー!』症『ピー!』ども! って俺もじゃねぇか! 『ピー!』『ピー!』『ピー!』わかってやってる人もたぶんなんにんかいるだろうけれど、俺はわかっていないじゃねぇか! 奴らにはつまり、『ピー!!』っていう……あれ?『ピー!!』にいる俺もだけど! もういいや、そういう『ピー!』な奴らには『火○』のような精巧な作品は書けないもんね? ああ、もう! 『ピー!』『ピー!』『ピー!』『ピー!』『ピー!』……ぜぇぜぇ。}


↑「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ『もちろん、この作品はフィクションです。特定の団体や特定の個人とは一切関係がありません。賢いあなたなら、煽りや誹謗中傷などと勘違いするはずもありませんよね?』


(‘◇’) ……なんでここで火花散らしてんだ……


「ぼく」( ..)φ{この小説(?)を書いたときね、ぼくには小説を書く資格がないのかもしれないと思ったよ、やっぱり。小説はね、『○花』のように凝ったモノや、『○の妹は漢字が読める』のように文学とラノベのバランスを考えつつ、前衛をやることができる奴だけに許されたゲームなのだろうってね。そして、普通の人はそれくらいのことは分かっているのだろうってね。}


(‘ω’)そりゃそうじゃ、サト氏


「ぼく」( ..)φ{しかし……ならばどうしてこんなにも、この『ピー!』に、この『ピー!』にある読み物は『ピー!』なのだろう。そういう奴だけが資格を持っているならば、なぜこんなにも『ピー!』なものに満ちているのだろう。あれも『ピー!』。これも『ピー!』。まったく『ピー!』。ぜんぜんぜんぜん『ピー!』。ぜつぼうするくらいに『ピー!』『ピー!』『ピー!』。もちろん、自分のが、一番『ピー!』なことは分かっているのだけど、そして、そういうふうに思考停止することは一番『ピー!』なのだけど、『ピー!』じゃなくなるには、とおもうじぶんに憑依しなければ、そして言葉にして、その『辞』の力に引っ張られながら、その筆触と意識の流れにおいて、『ピー!』じゃないと指に身体に、その接続機に神経におもわせなければ、またはたとえば感想のなかで『ピー!』をはかろうといった目的、じぶんだけが『ピー!』しているんだという前提の上で『ピー!』じゃないとわかってるじぶんを『ピー!』したいという意志、感想が多いなかでそのなかに『ピー!』することで『ピー!』を満足、つまりは『ピー!』な動機がなければ、『ピー!』じゃないとはおもえないのはなぜだろう。ちくしょう!『ピー!』『ピー!』『ピー!』だよ!まったく。}
                                                 。
                                     。
                                    。

                   。

              。


            。
           。
 はい、「ぼく」( ..)φ退場。おつかれさまでした〜(‘ω’)ノん?なんか上降ってるぞ?


 まあいいや……(ノД`)・゜・。だりぃー……。


「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ{噴飯もの……。}


§^。^§あなたも!?


「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ{だって、<作者>を出して、作品に取り組んでメタフィクションな雰囲気気取っているだけだろ……泣くほど浅いな。結局のところ、この白い紙と眼球には隔たりがあって、その意味じゃ絶対<作者>なんか、<内部>の人間なんか作品に取り込むことなんかできないのに……。ただの余白で、接木すらない。こんな作品にすら、「ぼく」( ..)φは、意味を見出そうとするなんて……もはやそれはただの病だ。文学の共同幻想を大事にするあまり、生きている意味の影に憑依されてしまったんだね……}


(;´∀`)どうでもいいけど、マカロンください


「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ{君もかわいそうに……他人の空なんかで泳がされたくないだろ? 「ぼく」( ..)φは自由が文学の本質みたいなことを言っていたけど、すべてなんにもなくなった、はじまりの意識みたいなものは表せっこないのに……。みんなみんな引用の織物なのに……。どうやら自分を「ぼく」( ..)φという現象ではなく、オリジナルな絶対的な存在な具合に妄想を逞しくしてしまったのだろうね……}


(;´・ω・)……きみも大概だよ?


「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ{それは「ぼく」( ..)φの言葉かな? とはいっても、「ぼく」( ..)φの口をコントロールしているのは、この「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φなのだから、とどのつまり一人相撲みたいなものだけれど全部。そうだな、「ぼく」( ..)φもこの「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φもいったん小説から遠く離れて、しっかり外の空気を吸った方がいい。一度狂ってしまったその判断力を批判したほうがいい。こんな表層小説をいくら書き続けていても、外界への道に届くことはないだろう。内省も内向も捨てて、筋も構造も力すらもない……この<世界>を言葉で記号で満たして、いったいなんになるんだ?}


(/・ω・)/うるせえ


「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ{ひひひ。きみは生活のなかに小さな祝祭でもって、日常生活の冒険……だろ。なんとも生活演技説……。そうか、ぼくの口すらなにものかに……これがきみの病ってやつか? そうなのか……}


「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ{……おいおい、なにしてんだ……きみたち勝手に出てこられたら困るよ……。きりがないから、ぼくが最後だからね。さぁさぁ、帰った帰った。これにてお開き。はい、おしまい。「ぼく」( ..)φ、あとは任せたよ。まあ、せいぜい勝手にオナニー垂れ流して泣いてろよな(笑)}


『勝手にオナニー垂れ流して泣いてろよな(笑)』


( ● )
   。
   。         
   。
   。
 ん? なんで泣いてんのよ。
「ぼく」( ..)φ?
  。
「ぼく」( ..)φ{どいつもこいつも勝手に出てきやがって……あとごめん、これ精子}
   。
「ぼく」( ..)φ{遠い。みんなから遠すぎる。ぼくは二重の『凡人』だったのか? ちくしょぅ。ニュータイプ的に、シード的に洗練された特殊能力が備わっていなかったのか?『そういうふう』に世界を見つめる力を持っていなかったのか?}
   。
 のか? ってなんか偉そうっすね……。ってか精子汚いね……。
  。
「ぼく」( ..)φ{しかし、PSV○が……と言うのは、今回ナシで行こうって思って、って冒頭に潜んでいるけれど実は……ってか、もう、ぼくの作品読んでいる人なんて誰もいないよね(‘;’)いいもん! VRゾンアマで予約したもん! 今月大ピンチだもんうわあああああ〜んんん!!!!}
  。
 うざいから退場です!(‘ω’)ノじゃーね〜。
   。
「ぼく」( ..)φは退室しました。
   。
   。
   。
   。
(‘ω’) ん? なんか熱いな、なんだこの雨?
 ってうげ、これ「ぼく」( ..)φの精子じゃね?
  。
 なんで言葉の壁を越えて、ここまで届いてんだよ。

 汚いなぁ……。
       。
       。
       。
 あれ? なんだ? また精子雨?
 (;´・ω・) 傘差そう……。
            。
            。
            。
           〘〙 ふーこれで濡れない、濡れない。
            |               。
            (‘ω’)え?            。
 嘘だろう……。                    。
       。                    。
       。                    。
       。                    。
       。

 そんな…… 
     …… ・ ・ ・ ・ ・……蟻まで湧くし。
                      。
                      。
  あ←なんだ、人か?←?これキャンディ?
          ? ?       ?
 落ちる 落ちる 落ちる!!!      。
            。
 ま、まさかあいつ!! 。
「ぼく」( ..)φの野郎! ルールを変えて、俺を殺そうってのか!!
 あ
 あ
 どうしようどうしよう

 Σ(‘ω’)!……そうか

 言葉が身体を運ぶなら、運搬者を殺せばいい……。
 黙ればいいんだ、そしたらこの法則も終わるはず……よって、落下しないはず!
 黙るぞ!!!





























 もう大丈夫かな?(‘ω’)

 ん?


        
 あっ!     




{地面!}{死ね!}





   ぐちゃっ(‘ω’)どばっ・・・
       ━DEATH

「ぼく」( ..)φ{見たか? 「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φや「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φ「ぼく」( ..)φや『そこのお前』!俺が勝った勝った勝った!!!!!言葉がいる。言葉が俺のものだ!!いいぞ、言葉のオナニーはこんなにも気持ちがいい!!!おっぱい。(・・)うぉう、パイオツだぁ!!ちんこ。↓うぉう、ちんこだ!!うふふふ、ここはおれのもの、もののおれ、ふふふ、たのしいなたのしいな。やっぱり自由だ、そうか自由だ。開放的なんだ。ここは広いんだ。ここはヒロインだ。うふふふふふふ!!!!優勝だ!俺が一位だ!誰もいない。みんながいる。なんでもここでつくれる。ここが本物のマインクラフ○で。ここがほんとうのグラセ○だ。草木の音、警察から逃げて海へ飛び込む、誰もいないところでひっそり座り込む、グラセ○、グラセ○のリアル!!うふふふふふふふふふふ、おれのもの、もののおれ!!!!!うひー!!!!!!!!!最高!そうだマカロン。食べたい。あっ、それはどうでもいいや。う〜んと、そうだ!しりとりでもしよう。しりとり。りんご。ごりら。らっぱ。ぱせり。りんち。ちんこ。こあら。らっぱ。ぱせり。あっ、これ言った?でもいい!!だってここ、俺ルールせかい、ふははははは!!!!!!ぐへへへへへへへ!!!!どうだ!見たか!?俺がここの優勝者でぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!!!!!!!!!!!!おっぱいおっぱいちんこちんこちんこわーいわーいうれしいよ〜うれしいよ〜えあ!えあ!!ぼくはえあ〜!!!!!!!!!!!!!!!!えあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!ない。ない。ないないないないないないないなんにもないんだ!!!!!ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!}



          {{ひゅーん}}



         {え?}



 {……あれ……落ちてくぞ、う、うそだろ、そんなはず、こ、こうなったらおれも黙るぞ黙るぞ黙る……}












            
( `―´)ノ ども〜宅急便で〜す!!   
      ぽいっ↓

        3




「ぼく」( ..)φ{え、3……?}                                     ( ..)φ( ..)φ
         3 ・
       3       ・
     3
    3
   3
   3             ・・
○━33
     3
 ○━333
                    ・
 ○━333


          ○━3

         ○━2

         ○━1            ・
  
    ・    ○━0
   
                    ・
       

        どっかーん!!!!!!!!!!!!!! 

            3333ぼ3「33333333333333
     33333333333.φ
   3333333」333「ぼく」( . 333 ○━3333333333333
         33333く333
         33)333333333・

     ひゅーん

        3
                                             ・
                                       3          

                         3


                               3

                ・








                                              3

                                   ・





                                                            ・


       3




・               ・

         ・
           

                                                  3

                                                        ・



















                  
                        ・3・    
黒須らいちゅう
2016年11月23日(水) 21時20分16秒 公開
■この作品の著作権は黒須らいちゅうさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
No.2  黒須らいちゅう  評価:0点  ■2017-03-30 23:58  ID:L7Ej4Yn/HiQ
PASS 編集 削除
コメントありがとうございます。

好きなことを詰め込んでみました笑
機会があれば、また読んでもらえたらいいなって思います。
No.1  逃げ腰  評価:50点  ■2017-03-16 09:41  ID:QmqNILQPWJs
PASS 編集 削除
はじめまして。
面白いよー
尖りすぎじゃないかこれ、とは思いますけど笑

とてもとても楽しめたので俺は満足しました。
ぜひ、また書いてくださいね。


言葉と人間は離婚できないのです!!(‘ω’)!!!!!が好きかなぁ。
仕方ないね♪
総レス数 2  合計 50

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除