ヒヨコ電車
 ドアが閉まる直前でギリギリ、電車に飛び乗った。心臓が脈打ち、息が上がっている。視点も定まらない。とりあえず、横に並ぶ席の前のスペースに立つ。
 だんだん調子が元に戻っていくと同時に、信じられない光景が目の前にあることを理解した。
 なんと自分の前の席に座っている乗客が、ヒヨコなのだ。数センチのヒヨコが人間みたいにちょこんと座って、他のヒヨコとぴよぴよしゃべっているのだ。口が開いたまま閉じれない。僕は狼狽した。
 周りを見回すと、車両の乗客全員がヒヨコだった。人混みならぬ、ヒヨ混み。隣の車両も確認したかったけど、さすがに怖くてできなかった。
 それも人間がこの車両に、僕だけしかいないのがわかると背筋にヒヤッとしたものが通った。
 (もしかして、悪い夢でも見ているんじゃないか)
 僕は、夢であってほしいと念じながら頬をつねったが、普通に痛かった。
 頭の中が、目の前のヒヨコ達に対するいろんな推察で溢れる。
 (妖怪?幽霊?化け物?UMA?宇宙人の侵略?ヒヨコの進化?)
 しかし、必死に考えるのも束の間だった。よく見ると、周りのヒヨコ達が現代人にそっくりなのに気づいた。
 サイズが合わないウォークマンで音楽を聴くヒヨコ、地面に新聞を敷いて読む親父みたいなヒヨコ、小声で電話してペコペコ謝っているヒヨコ、マスクしてるヒヨコ、ゲームに夢中なヒヨっ子と母親らしきヒヨコ。なんだか面白い。
 それも広告までヒヨコでカバーされていた。とにかく、ヒヨコ尽くし。
 目の前にいるヒヨコも、よく見たら可愛い。メスのヒヨコなのか、少し甲高い鳴き声で友達と会話して、ピヨピヨ笑いあっているのがわかる。目もクリクリしてて可愛いし、ふわふわ…。
 僕はどうしてもヒヨコの毛を撫でたくてたまらなくなり、手を伸ばすと、ヒヨコが僕を急にジロリと見て人間の言葉で大声で叫んだ。
 「この人、痴漢よ!」
 電車のドアが開く。駅に着いたのだ。おなじみの発車メロディーが鳴り始める。僕はハッとして、伸ばした手を引き戻す。
 すると、隣の車両から、人間そっくりな姿をした“鷹人間”が勇ましくやってきて、僕の制服の背中の襟をつまんで、電車から僕を放り投げた。顔に羽がソフトに当たる。駅のホームに尻餅をついた。
 ハッとすると、その時にはもうヒヨコ電車はいなかった。
 隣にいた電車を待っているサラリーマンが、狐につままれたような顔でこっちを見ていた。
ジパング大柴
2018年04月07日(土) 23時40分41秒 公開
■この作品の著作権はジパング大柴さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
感想記事の投稿は現在ありません。

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除